DMM.com証券、8月の取引高は40%減少

by Forex Magnates at 9 September, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

dmm fx logo 取引高世界第2位のFXブローカー、DMM.com証券は、8月取引高が40%減少の5,831億ドルと発表した。先週、8月の取引高25%減少を発表した、第1位のGMOクリック証券に仲間入りする格好だ。DMM.com証券は、今年6月に一兆ドルの取引高を達成。7月は10%減少したが、8月の減少は同社にとって大きな落ち込みになった。

 日本は、リテールFX取引では口座数や取引高において世界で最も確立された市場であるが、最新の国際決済銀行(BIS)の調査報告書では、世界の為替取引市場で日本は第3位の座をシンガポールに明け渡し、4位の座に転落した。同報告書によると、日本は5.6%の市場シェアを占めている。

 日本のブローカーは、その顧客基盤を多様化する試みで、ロンドン、香港等の新しい領域を探求し始めており、DMM.com証券は、今年6月オーストラリア金融当局の認可を受理した。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.