FXCM社、DCXプラットフォームでFXオプションの取引高急拡大

increase-winning-trades-e1375560133110 新たな規制ガイドラインによるFXオプションセクターの自動化は、FXオプション取引を活発化させている。FXオプション取引ソリューション世界への最近の参加者は、FXCM社とSuperDerivatives社の共同開発した、FXオプションのマルチ・バンク電子取引であるDCXプラットフォームで、このプラットフォーム取引高の急成長を発表した。

 新ドッド・フランク法において、FXオプションが資産クラスとして分類された明確な方向性が、DCXのFXオプション取引活動を押し上げている。DCXの取引高は今年から増加傾向を示している。1月以降、ポータル・サイトの閲覧数は367%上昇した。DCXプラットフォームは、ユーザーに見積依頼書を発行してもらうことで、デリバティブ環境に取引所のような機能を与えることになり、これはドッド・フランク法の必要条件となっている。

Anoushka Hampton

Anoushka Hampton氏

 FXCM社、グローバルヘッドFXオプションセールスのAnoushka Hampton氏は、「DCXの取引高増加は、プラットフォームの匿名性という性質がマーケットの特定のセグメントに大きな魅力を与えていることを明らかに示しています。流動性を生む流動性と、新たな規制からのボラティリティと明瞭さによるリターンは、2014年のマーケットを押し上げるでしょう。」と強気の声明を述べた。

bbb

Stephen Baker氏

 SuperDerivative社、欧州・中東・アフリカ地域セールス&サポートのヘッド、Stephen Baker氏はフォレックス・マグネイトに、「FXオプション市場が、数多くの規制、効率性、透明性、コストメリットを含めた電子取引に向けて長年働きかけていたことは明らかです。当社は電子取引への移行を完全にサポートしており、流動性へのアクセス、より良いプライス・ディスカバリー、より多くの確実性、トレード後の透明性と完全なSTPがすべての市場参加者の最善の利益となっていると思います。」と述べた。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.