MT5を豪証券取引所が認可:証券トレーダーがEA、シグナルトレードを享受

by Forex Magnates at 22 August, 2013 カテゴリ: 取引システム | 海外取引システム | 海外総合

metaquotes メタクオーツ社は、自社プラットフォームのメタトレーダー5(MT5)がオーストラリア証券取引所(ASX)の公認プラットフォームとして認可を受けたと発表した。MT5は、今年すでにシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)ワルシャワ証券取引所(WSE)からの認可を受けている。ASXの認可を受けたことで、同取引所と関わりのあるブローカーは顧客に対しMT5の提供を開始することができる。

 メタクオーツ社の公式声明に関して、メタクオーツソフトウェア社のCEOであるRenat Fatkhullin氏は次のようにコメントしている。「当社は常にMT5の性能充実を図っている。MT5はすでに主要なECNと一体化し、世界10か所の取引所から認可を受けている。ASX向けのMT5ゲートウェイの始動は、世界で最も人気の高い取引所との一体化に向けた新たな一歩となる。近い将来さらにいくつかのゲートウェイの始動を発表することになるだろう。」

 オーストラリアのブローカーや証券トレーダーの間で、MT5がどのように利用されるのかは興味深い。メタクオーツ社はオーストラリアのFX業界に深く根付いており、Go Markets社、Pepperstone社、IC Markets社、Vantage FX社といった最大手のブローカーが、MT4を主要プラットフォームとして提供している。しかし、主要ブローカーの間にMT5は存在していないと言っても過言ではない。とはいえ、メタクオーツ社はMT5に対する証券ブローカーからの需要を、ある程度は見込んでいる。その根拠は、EA(自動売買)やシグナルトレードといった機能であり、オーストラリアの投資家たちが、管理された製品に積極的な関心を示してきたという背景がある。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.