日本のバイナリーオプション新規制を調査

by Forex Magnates at 21 August, 2013 カテゴリ: 各国FX規制関連 | 国内FX規制関連 | 国内総合

 今年7月、日本のFFAJ(金融先物取引業協会)は長文にわたる包括的なバイナリーオプションの新規制を発表した。その1週間後に開催された、フォレックス・マグネイト主催の東京サミットにおいて、外資系テクノロジープロバイダー数社が、この新規制に適応したプラットフォームを発表した。

 海外から日本市場に参入する外資系企業が必要になる新規制の重要な点に対するより詳細な情報を提供するために、フォレックス・マグネイトは当規制を調査した。

download 世界の金融当局にとって最大の関心事は、OTCバイナリーオプションの価格などによる顧客からの苦情が発生した場合に、これをどのように提出することができるかである。全米先物協会が、バイナリーオプション取引をその管轄区域内の取引所のみで行うようにしたのは、このことが主な理由のひとつになっている。

 これを日本の状況に照らし合わせてみると、FFAJは業者にOTCモデルを継続させるが、それは業者にとって、個人投資家に対するバイナリーオプション取引の透明性を高める責任を課すことになり、上場オプションと同様に不測の損失を軽減するための最善策として顧客が自由に取引できる環境を、規制に違反する時まで、提供することになる。

 FFAJは、取引所取引のバイナリーオプションは新規制からは完全に除外されており、OTCバイナリーオプションにのみ適用するとした。それはなぜかというと、日本の取引所におけるバイナリーオプション取引が、いまだかつて存在していないという理由からだ。

 日本の規制は、本質的に徹頭徹尾、バイナリーオプションを監督するために設計されたカスタムメイドの最初の一式だ。新しい産業を正当化するのに役立っている多くの新しい規則と同様に、日本で非常に人気の商品であり世界的な主流商品に進化し続けるバイナリーオプションに対するFFAJの規制には多くの考慮するべき点がある。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.