KCG Hotspotの7月取引高が300億ドルを下回る

by Forex Magnates at 16 August, 2013 カテゴリ: その他 | 取引システム | 海外その他 | 海外取引システム | 海外総合

 GETCO社とKnight Capitalグループの合弁により発足したKCG社が、合弁後初となる株式、債券、スポットFX部門の月間取引高を公表した。FX部門では、KCG社がオペレーションを行うFX取引プラットフォーム「KCG Hotspot」の7月日次平均取引高が286億ドルとなり、369億ドルを記録した前月よりも22.5%減少した。大手他社のECN(電子商取引ネットワーク)およびFX取引市場の7月取引高も同じく2桁減となっている。ECNプラットフォームにおける取引高が300億ドル以下の水準まで低下したのは、264億ドルとなった2013年3月以来である。

 KCG Hotspotの2013年上半期は、月次および四半期ベースで収益が最高となり、また、日次取引高の平均値が300億ドル超の水準となるなど、かなり好調な滑り出しを見せた。昨年GETCO社による買収対象がKnight Capitalグループに決定して以来、マーケットメイク業務に重きを置く新たな合弁会社がHotspot社を売却するか否かについて、動向が注目されてきた。しかし、7月に商号変更が行われて以降もHotspot社がKCG社の傘下に留まっていることを踏まえると、KCG社は今のところ、Hotspot社を早急に売却する意向を持っていないようだ。

KCG Hotspot Monthly ADV ($billion)

KCG Hotspot社月次ADV(単位:10億ドル)

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.