南アフリカJSE、取引高の増加が2013年前半収益を後押し

by Forex Magnates at 15 August, 2013 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合

download (4) 南アフリカの金融取引市場であるJSE(ヨハネスブルグ証券取引所)は、2013年6月30日までの6か月間における好調な半期業績を公表した。アフリカ随一の規模と流動性を持つ取引所であるJSEは、前年比で大きく収益を拡大させたが、これは、乱高下する株式市場に対する投資家の不安感が薄れたため取引が活発化したことが背景にある。JSEの営業収益は前年比16%増の7,954万米ドルとなった。

 2013年上半期の主なハイライト(2012年上半期との比較)

  • グループの利益は前年比191%増の2億9,300万南アフリカランド(2,935万米ドル)。(2012年は1億100万南アフリカランド)
  • グループ総合利益は前年比35%増の2億8,500万南アフリカランド(2,850万米ドル)。(2012年は2億1,100万南アフリカランド)
  • 株式市場(Equity Market)の会員業者に支払うリベートは6,000万南アフリカランド(600万米ドル)。
  • 取引高は前年比58%増加。
  • 売買代金は前年比22%増加。
Nicky Newton King CEO JSE

JSE CEO Nicky Newton King氏

 JSEのCEOであるNicky Newton-King氏は声明で、業績について次のように話した。「今回発表の業績は、堅調な取引高の増加だけではなく、事業成長策に対するこれまでの出資を反映しているため、大きな意義があります。その一例として、我々は今回、株式市場取引および情報を提供する新たなプラットフォームからの利益を発表することができました。JSEは、長期的な安定性を確保できるよう、今後もこうした事業分野に特化した投資を継続的に行います。」

 鉱業関連企業の影響を強く受ける南アフリカは、これまで、主要株価指数に影響を及ぼす貴金属価格のボラティリティから利益を享受してきた。QE3(量的緩和第3弾)の実施と欧州市場の継続的主導が下支えとなり、株価指数は高値を更新した。2013年の市況はこれまで好調である。FTSE/JSE Africa All Share Indexは0.44%上昇の42,685.35ポイントとなった。

 JSEのすべての資産クラスにおいて、取引指標が大幅に伸びた。FX先物は5月に出来高が39億ドルに到達、急成長を遂げた。

fts all share

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.