続報:IGグループ決算の詳細、欧州は急成長

by Forex Magnates at 29 July, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

 IGグループは、先週初めに、2013年5月期の決算を発表したが、同社の株主へのプレゼンテーションでより詳しい説明を行った。
以下が、ポイントとなる詳細:

 英国の収入は50%台に低下:欧州とアジアパシフィック市場でシェアを拡大しているにしても、未だ同社のビジネスは英国が主体になっている。CFDとスプレッドベッティング商品の両方を含めた英国での総収入は51.5%となった。 IGのグローバルな取り組みが行われている中で、この数字は下落し続けている。英国全体の収入は、2009年の1億5,050万ポンドから2013年5月期は1億8,630万ポンドへ23.8%増加したのに対し、同時期の英国以外の地域は、9,780万ポンドから1億7,560万ポンドへ79.6%増加している。

IG Group UK vs ROW % of Total Revenues

IG Group UK vs ROW % of Total Revenues

 欧州と豪州市場のシェアは拡大:IGのグローバルな展開は、欧州と豪州のビジネスを成長させている。特に欧州における収入は、2009年の3,020万ポンドから2013年5月期は7,130万ポンドへと、135%もの素晴らしい成長を遂げている。フランスでは11%、ドイツでは9%のマーケットシェアを保持し、両方の国においてNo.2のブローカーとなっている。

 NADEXの収入はまだ極小:米国のバイナリ-オプション子会社NADEXは前年比で40%の伸びを示したが、わずか200万ポンドの収入だった。高い成長にもかかわらず、低い総収入の数値は、NADEXの存在に疑問を投げかける。IGは、NFA(米先物協会)の登録IB(仲介業者)となるために必要なパートナーシップに興味を持っているので、NADEXは難しい立場にある。IGは、米国以外では、単純に、市場に出回っている多くのバイナリープラットフォーム・プロバイダーからのホワイトラベル製品の使用することを好むことを示した。

 顧客保持:FX業界では、顧客はおよそ6ヶ月で止めてしまうとも言われているが、それはIGでは顧客のわずか約20%にしか相当しない、ということを過去4年間の数字が一貫して表している。さらに、顧客の71%が1年以上稼動している。当会計期間で初めて取引を開始した35,854顧客を含む2013年5月期時点での総稼動口座数は、97,568。(顧客保持の数字に日本は含まれていない)

 顧客ごとの収入:英国の CFDの顧客が、2013年下半期に、一人当たり2,654ポンドの最も高い収益をあげ続けた。また、顧客一人当たりの平均収入は1,819ポンドに上昇した。しかし、欧州顧客の平均収入は金融危機の影響で低下した。

IG Group Revenues per Client

IG Group FY13 Shareholder Presentation

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.