ASIC、2013年上半期の執行結果を公表

by Forex Magnates at 26 July, 2013 カテゴリ: 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連 | 海外総合

 オーストラリアの金融市場規制当局、ASIC(オーストラリア証券投資委員会)は7月24日、2013年上半期(1~6月)の執行報告書をすべて公表した。

 報告書には、371件の詳細な結果が記載されており、そのなかには刑事、民事訴訟および行政措置、強制的約束、交渉結果などが含まれている。

ASIC、2件の約束を取り付ける

 ASICは今年、企業によるコンプライアンスの手順を監視するFirst Derivatives社のDelta Streamシステムを導入した結果、FX業者2社に強制的約束を確実に締結させることに成功している。

 1件目はHalifax Securities社で、4月にDelta Streamシステムの結果から、リスク管理の手段に6件の不正があったことが明らかになった。

 そのちょうど1週間後、City Index Australia社は、ASICとの間で強制的約束を締結していた。これは、同社による顧客資金の管理手法に不適切な点があったためであり、本件もDelta Streamシステムのデータを通じて明るみに出た。

インサイダー取引従事者、刑事責任を問われる

5621398-judges-court-gavel-on-a-laptop-computer-cyber-law ASICは、インサイダー取引に従事している個人および法人を懐疑的に見ている。これに基づき、ASICは今年上半期の間に6件の刑事訴訟に着手してきた。

 市場操作に関与した1社、および市場保全規定に従わなかった2社に対して、行政による改善措置が適用された。また、誤解を与える発言や不正処理に対する刑事告発5件のほか、同一の法律に基づき12件の民事訴訟と、4件の措置が行われた。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.