MT4i 社、新プラットフォーム統合のパブリッシングサービスでハットトリックを決める

by Forex Magnates at 22 July, 2013 カテゴリ: 取引システム | 海外取引システム | 海外総合

keep_calm_score_a_hat_trick_poster-r50fbca2dcb6a46de94599a6e04083ed0_6l7_8byvr_512

 大手パブリッシングポータルのMT4i社は、ユーザーが現在までの取引明細、ヒストリー、口座サマリーをアップロードできる3つの追加プラットフォームをサービスに加えたことを発表した。この統合はMT4iが、FXとCFD取引の6つの一般的な取引プラットフォームで利用可能になることを意味する。同社はまた、以前のメタトレーダーツールの提供者に特化していたというビジネスモデルから離れて、他社との提携が進むようになった現在、社名変更を行う意向を伝えた。  

 同社は、既に確立されたものと新しい取引ターミナルの両方を統合するプラットフォームの独占的世界という新しい道を進んでいると信じている。

このプラットフォームには以下が含まれる:

 上記3つのプラットフォームの取り込みは、それがプラットフォームのような広大な範囲をカバーするメインレポーティングポータルとなり、このことはMT4iの今後のビジネスに大きな変化をもたらす天の恵みのような提携と言えよう。

John Morris Photo March 2013

MT4i社事業開発パートナー
John Morris氏

 MT4iは、最近、多くの新しいユーザーが同社のサービスを要望するようになってきたと見ている。FX市場では取引量とトレーダーの興味がボラティリティの原動力になっている。MT4iのスポークスマンは、フォレックス・マグネイトに「当社のウェブサイトに公開されているリアルマネーアカウントの数は、過去3ヶ月で20%上昇しました。それはFX市場の取引高の増加が部分的に反映しているのです。」と述べた。

 MT4i、事業開発パートナーのJohn Morris氏は「cTrader、xOpenHub、Vertex FXとのパートナーシップは、当社にとってマーケットの革新者と一緒に働ける絶好の機会であり、当社の戦略を新しいマーケットで推進でき、そしてFXトレーダーのレンジを拡大するためのウェブパブリッシングとトレード分析を提供できることになるのです。当社はまた、2010年以来、ブローカーが世界のトレーダーに提供してきたトレーディングツールを12カ国語対応で提供する統合に対して、我々の新しいパートナーと緊密に協力します。この新しい進展はMT4iにとって非常にポジティブになります。」と述べた

 MT4iは、ユーザーのために広範囲の分析とレポート作成ツールを提供し、同社の顧客は、証券会社やブローカーやトレーダーが含まれている。上記のサービス以外に、MT4iは元々、その審美的および機能強化された世界で最も一般的なプラットフォームのひとつを有する最初のソフトウェア会社のひとつであった。彼らのプラットフォームの特長には、チャートからの取引、ワンクリック執行、ワンクリック取引/リスク管理、そしてプラットフォームウィンドウに統合されたウェブサービスが含まれる。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.