TopTradr社、FXCM顧客向けに6か月間のトレーディングコンテスト開催:優勝者は100万ドルのポートフォリオ運用の権利

 近年、ソーシャル・トレーディング・アプリケーションは至るところで見られるようになっており、特に競争がますます激化するリテール市場でサービスの提供を目指すFX会社において顕著である。

 7月15日、ソーシャル・トレーディング・アプリケーションのプロバイダーであるTopTradr社は、FXトレーディングコンテストの開催を発表した。このコンテストは、FXCM社のAPIで作動する同社の専用アプリケーションを通じて開催される。

取引パターンの検証

 TopTradrは、利益を上げているトレーダーで構成される1種のソーシャル・ネットワークとして構築されており、各トレーダーは、各々のリスクとリターン、一貫性および収益性を考慮するよう設計された独自アルゴリズムを使用して算出されるTopTradr(TT)スコアを獲得する。

download

TopTradr モバイルアプリ

 一部の月次プレ・コンテストは6月から開始されているが、実際には賞はまだ授与されていない。最初の商品授与は7月19日に行われる予定であり、優勝したトレーダーに授与される形となる。

 初開催のコンテストは月次ベースで行われたが、6か月間におよぶ本番のコンテストは5,000人のユーザーがコンテストに登録した時点で開始される。コンテストの優勝者には100万ドル相当のヘッジファンドを運用するチャンスが与えられる。

運とスキル

 TopTradr社によれば、市場を正確に渡り歩きスキルを伸ばしていくトレーダーと、運によって利益を獲得するトレーダーとの差はアルゴリズムによって明らかになるという。トレーダーの長期的なパフォーマンスがモニタリングされるので、スキルを備えたトレーダーが賞を受けることになる。

 このようにすることで、取引規模、取引手段または取引額にかかわらず、それぞれが週次ベースで賞を獲得する機会に恵まれる。

 TopTradrアプリケーションはデスクトップ、iPhoneおよびAndroid端末で利用でき、無料でダウンロードできる。同社のCMOであるJames Olden氏によれば、「アプリのランキングシステムは、プロのヘッジファンドがパフォーマンスを評価する際の基準に基づいている」という。

重要な生涯価値

 今日、このように発展を遂げたリテールFX業界で、FX会社にとって重要な問題は、トレーダーが長期に渡ってその会社と取引を続け、存続可能な事業となるに足るだけの額の取引を確実とすることである。今年に入って、昨年の低調な市場環境から回復し、取引額は劇的に増加している。また、スプレッドは少なく、STPノー・ディーリング・デスク(NDD)のビジネスモデルに対する需要急拡大も初期段階にある。これらの要因からも、長期の取引を促すために企業に求められることは増えているといえる。

サードパーティー・エコシステム

 ソーシャル・トレーディングやコピー・トレーディングがきわめて一般的となる一方、トレーディング・シグナルのプロバイダー4社は、最近メタクオーツ社のMT4プロトコルについてハッキングを行ったとの申し立てにより同社から警告を受けている。顧客を確実に惹きつけ維持できることが明らかな手法を継続していくために、新たな啓蒙のアイデアやソーシャル・トレーディングに関する技術革新は常にあらゆるFX会社にとっての課題となっている。

 6か月という観測期間と、週次ベースで多少規模を縮小した授賞も行うことを踏まえれば、FXCM社との提携によって、TopTradr社はトレーディング・コンテストを通じてFXCM社に長期のリテール顧客を提供することを目指しているのは疑いない。

 Olden氏は次のように結論づけている。「TopTradrは、リスクと取引の責任についての理解に役立つよう構築された啓蒙ツールおよび専用アプリである。我々がFXCM社と提携したのは、同社がユーザーに対し、巨額損失の可能性がある高リスクの取引ではなく、安全な取引への適切な啓蒙活動に取り組んでいるからである。FXCM社は最良のトレーダーを自身の資本で支援するほどにこのビジネスモデルを信頼している。」

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.