香港金融管理局、2013年6月の外貨準備高を発表

by Forex Magnates at 9 July, 2013 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合

 香港金融管理局(HKMA)は、最新の外貨準備高を発表した。

 HKMAが金曜日(7月5日)に正式発表した2013年6月末時点での同国の外貨準備高は3,035億ドルであった(前月末時点では3,057億ドル)。

 外貨準備高の総額は、貨幣流通高の7倍超であり、また、香港ドルM3のおよそ51%に相当する。M3は、マネーサプライを監視する管轄において評価基準として使用されている。

 現在HKMAは、為替基金のデータに関する4件の公式文書を毎月発表している。

 このうちの3件は、IMF(国際通貨基金)の特別データ公表基準(SDDS)に準拠し、金融データ発信する目的で発表される。

 残りの1件では、HKMAによるハイレベルな透明性維持の方針に準拠し、為替基金のバランスシートおよびカレンシーボード勘定の簡略版が発表される。

 英国から中国への返還以後の、香港の外貨準備高の推移は以下の通りである。

Capture

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.