TradeTools FX社、MT4ブリッジサービスの無料化を発表

by Forex Magnates at 9 July, 2013 カテゴリ: 取引システム | 海外取引システム | 海外総合

tradetools fx MT4およびバイナリーオプションのテクノロジーを提供しているTradeTools FX社は、MT4ブリッジの取引手数料の無料化を発表した。このニュースは、米国の独立記念日にあわせて発表され、同社はこれを機にMT4ブリッジを「MT4フリーダム・ブリッジ」として、ブランド再生する意向だ。同社によると、毎日大量の取引を処理しているブローカーを、100万ドル単位の取引にかかる手数料の負担をなくすことが目的であり、その額は毎月何万ドルにものぼるという。

 取引量ベースでの収入に代わる手段として、TradeTools FX社がブローカーに対して課すのは、サービスの提供量によって増加する固定月額サポート料金だ。この固定料金で、同社の取引プラットフォーム製品「FXLite」との接続もカバーされる。バイナリーオプション取引およびマルチ・アカウント・マネージャー(MAM)の利用については、引き続き取引手数料が課金される。同社の顧客は、MT4ブリッジを通じて毎月1,000億ドルにのぼる取引を処理しているという。

 TradeTools FX社の創設者兼取締役であるVal Lazovski氏は、このニュースに関して「ブリッジ・テクノロジーの余地はピークに達しており、また『料金徴収』型は時代遅れで費用も高いと感じている。ブリッジ・テクノロジーとその管理は、実質的にハンズフリーで、費用がとても低い。ブローカーはもはや、収入の相当な部分を、リクイディティ・プロバイダーとの接続や、そこからのフィード取得に費やすべきではない、と我々は考える」とコメントしている。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.