インターコンチネンタル取引所、6月のFX取引高急増を報告

by Forex Magnates at 4 July, 2013 カテゴリ: FX取引サービス | 海外FX取引サービス | 海外総合

ice CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)グループの堅調なFX取引実績に続き、インターコンチネンタル取引所(ICE)は6月の輝かしい一連の実績を報告した。つい終えたばかりのこの6月は、FX商品の日次平均取引高が5万9,919件だった。これは前年同月比36%増で、5月の実績を38.4%上回った。当月は、米ドルの急落によって6月6日に同取引所の日次取引高が史上最高を記録したとの発表も行われた。ICEのFX取引高は主に同ユニットのドルインデックス商品により占められている。

 ICEの平均日次取引高全体では346万5,509件であり、これは前年同月を4%下回るものの、5月の実績を4.4%上回った。前月比での取引高の増加は株価指数商品のペースに準じるもので、6月中の取引高は86%という驚くべき増加を遂げた。さらに、農産物先物も好調で、この部門の取引高は前月比68.7%増となった。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.