FxPro社、BeeksFX社とリテール取引処理時間短縮で提携、ゼロレイテンシー競争へ

 日々勢いを増している最小限のレイテンシーを実現するための競争の中で、最近、金融機関の間では、レイテンシーと技術開発が確かに一番の議論のポイントとなっている。ただ、リテールビジネスでは、違う進展が見られる。本日、低レイテンシーのVPS(仮想専用サーバー)プロバイダーのBeeksFX社は、FxPro Finansial Servic社の顧客に次世代VPSを提供するために、同社と戦略的パートナーシップを結ぶ独占発表をしたことが確認された。

 このソリューションは、BeeksFXロンドンのデータセンターを経由してホストされ、FxPro のMT4とcTraderプラットフォームのユーザーのために、低レイテンシーソリューションを提供するというもの。

BEEKS Logo BeeksFX社、CEOのGordon McArthur氏はフォレックス・マグネイトに「FxProは、他のプロバイダーよりもベストなティック・スループットと実行速度のクラスVPSを提供する、英国企業である当社を選択しました。当社は、自動化された戦略で今まで以上の高いパフォーマンスを求めるトレーダーのためのVPSイノベーションをリードします。当社はFXProとの継続的で良好な関係を楽しみにしていますし、また、FxProの顧客に対して、この新しい技術革新の一部になることに興奮しています。」と熱く語った。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.