CFTC、元MFグローバル社CEOを提訴し、同社に制裁金1億ドルの支払い命令

 CFTC(米商品先物取引委員会)は、顧客資金約10億ドルの横領および他の様々な規制違反で、MFグローバル社、元CEOのJon S. Corzineと元従業員Edith O`Brienを提訴した。

 2011年10月のMFグローバル社倒産は、近年、銀行セクター以外の金融会社の最も大きな失敗の一つとして、ほとんどの業界関係者の胸中に残る出来事である。

 会社の最終的な破綻は、顧客の口座からMFブローカー・ディーラー口座に8億9,100万ドル以上の不正な移動によって、直接的なトレーディング損失を補填しようとしたことが原因である。これは、規制の観点から重大な犯罪になる。

 このような多大な顧客資金の流用に対する法律からの逸脱が、非常に高い罰をもたらすことを本当に明白にしたいというCFTCの意欲が示すMFグローバル社に対する顧客資金の全額支払いと1億ドルの制裁金は、現在、法廷の承認を待っているところである。米地方裁判所、米破産裁判所によって承認された場合、MFグローバル社はこれらを支払うことになる。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.