バイナリーオプションブローカー TDOptions社に€50,000の罰金

by Forex Magnates at 18 June, 2013 カテゴリ: 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連 | 海外総合

cysec キプロス島の金融規制当局であるキプロス証券取引委員会(CySEC)は本日、バイナリーオプション・ブローカー、TDO Consulting社として登録されたTDOptions.comに、€50,000の罰金が課されたことを本日発表した。同社はそれに従い、当該罰金を支払った。

 同社が2012年12月までの間、投資サービスの中でバイナリーオプションを提供していたことが判明し、2007年Investment Services and Activities and Regulated Market法の第4条(1)に違反したと、CySECはウェブサイト上で発表した。

 CySECは、短期的な取引商品を支持し、2012年5月5日にバイナリーオプションを、正式に金融商品として認知することを発表したEUにおける最初の金融規制当局だ。

 キプロスは、低い税率と健全なインフラで、バイナリーオプションを提供する会社が恩恵を享受できる魅力的な金融ハブになっている。CySECは新規制の施行以来、それによって規制されたブローカーを非規制のブローカーから選別してきた。ブローカーはCIF(投資会社)として登録され、2007年の法律144(I)の管轄になる。

 CySECが定めた公式命令書にはこう示されている:「TDOptionsは、IFラインセンスを保有せずに、2012年3月12日までの間、投資サービスにおいて、プロフェッショナル・ベースのバイナリーオプションを提供していたため、 2007年Investment Services and Activities and Regulated Market法の第4条(1)に対する違反として、法律に則って、罰金€50,000を支払って和解に達した。」

 CySEC が認可したBanc De Binary社は現在、正しい許可なく規制商品を提供したため、米国の規制当局に制裁措置を受けている。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.