シンプレクス・ホールディングス第16期(2013年3月期)定時株主総会開催

by Forex Magnates at 18 June, 2013 カテゴリ: 取引システム | 国内取引システム | 国内総合

 シンプレクスグループは、金融機関が戦略的なIT投資によって収益の拡大を図ろうとする領域「金融フロンティア領域」に特化した、最先端の金融システム・ソリューションを提供している。高度化・多様化が進む金融システムニーズに応える2つの事業を展開し、各事業領域でNo.1の地位を追求していくことで、より付加価値が高いサービスを顧客に提供することを目指す。

 2013年6月16日 シンプレクス・ホールディングスは第16期提示株主総会を開催した。総会には400名の株主が出席。主題として「MBOの実施について」の背景や検討プロセス また骨組みなどに関して討議がかわされた。

(注)マネジメント・バイアウト(MBO)とは、一般に、買収対象会社の経営陣の全部又は一部が資金を出資して、買収対象会社の事業の継続を前提として買収対象会社の株式を取得する取引。

シンプレクス・ホールディングス第16期定時株主総会のお知らせはこちら

latestreport_here





コメントはまだありません.