ゲームで遊んでからトレードを―JSEが仮想取引ゲームの配信を開始

images (1) ヨハネスブルグ証券取引所(JSE)は、国内初となるオンライン仮想株取引ゲームの配信を開始した。これは、アフリカ最大の経済圏である金融市場へ新たな投資家を呼び込むために講じた施策である。投資家を目指す人は投資コンペに参加することができ、勝てばブローカーを自由に選んで株式市場に投資を行うための資金6,000米ドル相当を手に入れることができる。

 この仮想ゲームでは、仮想マネーとして100万南アフリカランドが与えられ、ユーザーは自身の投資ポートフォリオの構築を行うことができる。そして、最も価値あるポートフォリオを築いたトレーダーは、賞金として6万南アフリカランドの分配金を受け取り、その賞金は自身で選んだ株式ブローカーの口座に預け入れることができる。

 JSEのリテール開発部門マネージャーであるTakalani Nyelisani氏は、「JSEの仮装取引ゲームは、投資に興味を持つ人が次のステップを踏み出し、実際に投資用口座を開設するよう動機付ける、きわめて実用的な方法です。金融リテラシーの推進に加え、JSEにおける個人投資を成長させることがJSEの使命であると認識しています。証券市場への投資は、多くの人が考えているほど脅威でもなければ複雑でもありません。」と述べている。

金融リテラシーの推進

 JSEは個人投資家の参加が増えることを目指して、投資に関する無料の一般セミナーに加え、パワーアワー・セッション(Power Hour sessions)、投資教育クラブ(investment education clubs)、MyJSE投資デイ(MyJSE Investment Day、2012年は900名が参加)などの取り組みを通じて、積極的に金融リテラシーの推進へ力を注いできた。

 JSEは南アフリカの政府機関であるKwaZulu-Natal Treasuryと共同し、金融知識を身につけるための教育を同国の若者へ奨励している。KwaZulu-Natal Treasuryの金融審議会委員であるIna Cronjé氏は、こうした取り組みについて次のように述べている。「国家を社会的および経済的に向上させる目的で実施されている多くの政府および民間部門主導によるプログラムを成功させるうえで、金融リテラシーは必須要素といえます。金融リテラシーの習得は、パーソナルファイナンスの管理を行うことから始まります。管理を始める年齢が若ければ若いほど、成功のチャンスは増えていきます。貯蓄や投資は賢明にスタートすべきものです。我が国の若者を市場に迎え入れるために、こうしたすばらしい取り組みを実施しているJSEやKwaZulu-Natal 金融リテラシー協会(KZNFLA)のパートナーのみなさまへ賞賛の意を表します。」

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.