バイナリーオプションに対する米国の規制警告の余波:ソフトウェアプロバイダーがNADEXのパートナーになるには

by Forex Magnates at 12 June, 2013 カテゴリ: 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連 | 海外総合

 先週、2つの米国規制機関が、アメリカでは違法とされている取引所外取引のバイナリーオプションの取引方法の危険性を懸念する彼らの立場を明らかにした。

 このことから、商品先物委員会(CFTC)と証券取引委員会の両方がそれぞれのウェブサイト上に、アメリカの投資家に注意を喚起し、規制当局が試みるバイナリーオプションの取引所外取引に従事するアメリカ市民を思いとどまらせる意味のメッセージとして、詳細な警告を掲載した。

取引所か取引所外か?
police-officer プライベート・オプション・バンカー、Banc de Binary社に対する係争中の規制措置の直接的な結果として、同社は現在、司法権において顧客を受け入れていない。同社の代表者は、本日我々に、Banc de Binaryは、断固としてアメリカから顧客を受け入れないと説明した。これは以前、同社が積極的なターゲットとしていたアメリカの顧客に対する姿勢とは、はっきりと対照的で、現在同社に提起されている措置に対する明確な立場の表れである。

 他の規制司法地域を密接に追ってみると、おそらく他の司法区域、例えば、日本のバイナリーオプション会社が遵守しなければならない一連の手続きの全てを設定した日本の金融庁の道筋に沿って、おそらくこれらの二つの潜在的な結果と共に、他の司法地域も同様に実施される可能性がある。

 顧客が、バイナリーオプション会社のインハウスのリスクマネージメント・デスクに対する単純な“賭け”よりも、バイナリーオプション会社からリアルな取引所での取引が実行されるか、または、こういった規制対象国への参入障壁が大幅に上がって、バイナリーオプション会社がマーケットから大挙して流出する可能性がみられるかもしれないが、どちらのバイナリーオプションも、取引所で強制されるのが義務である。

NADEX社の意見

 NADEX社のプレジデント&CEOのYossi Beinart氏によると、アメリカの市場に準拠したバイナリーオプションサービスを確立するための手段を検討する際に、市場参加者は二つの選択肢があると言う。

 Beinart氏は、我々にこう説明した:「バイナリーオプション会社が取引所になって、当社と競争するか、株式市場でワークしているのと同様な方法で、彼らがブローカーになって、顧客に対する取引所のエージェントとなって働くかどちらかの選択をすることです。」

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.