プラットフォーム・コミュニティで語られる『メタトレーダー時代の終わり』

by Forex Magnates at 10 June, 2013 カテゴリ: 取引システム | 海外取引システム | 海外総合

clock キプロス拠点のメタクオーツ社は、サードパーティー・デベロッパーと進行中の“論争”とメタクオーツ・システムに再び発生しているハッキング問題との戦いにおいて、ベンダーに協力している会社に制裁措置を取っている。サードパーティー側ではメタクオーツから提供されるメタトレーダー4(以下、MT4)などのプラットフォームを補完する興味深いアドオンとプラグインを作成している。この新しい方法は、MT4プラットフォームを強化するためにテクノロジーを使用していた会社が、現在、不安定な状態にあることを意味する。最近のひとしきりのハッキング問題において、メタクオーツがターゲットとする会社には、ソーシャル取引ソリューションを提供するZulu社、Tradency社、Myfxbook社が含まれる。

 メタクオーツ社サポートサイトには、ソーシャルトレーディングプロバイダーを使用する業者に下記警告が出された。

 『残念ながら、一部のサードパーティー・デベロッパーが、メタトレーダー4のネットワークプロトコルに不正侵入し、エンドユーザーライセンス契約と証券会社の契約条件に違反しています。当社は、メタトレーダー4システム向上への取り組みの一部として、ネットワークプロコトルをアップグレードし、ハッキングされたバージョンをベースにした全てのサービスをブロックし始めています。ZuluTrade、Tradency、Tradeo、Myfxbook、その他当社の権利を侵害するハッキングされたプロコトルを使用する業者との提携解除を強く求めます。』

 2005年以降、FXは先進市場と新興市場の両方で成長し、突出していたMT4プラットフォームが初心者トレーダーに提供された結果、MT4に精通した新世代のトレーダーを生み出してきた。ブローカーもまた、簡単に実装されることができ、直ぐ使えるシンプルで費用効果の高いプラットフォームであるMT4を通じてFXビジネスを推進した。

勝利は誰の手に・・・

 かなり長期間に渡って、MT4が第一人者として君臨していたため、プラットフォームでの競争というものは存在していなかった。だが、MT4がそこから退くときがやってきて、マーケットがその辞表を押しつけるのではないだろうか?

MT4 FIRST PLACE

 Spotware Systems社、セールス&マーケティング・ヘッドのIlya Holeu氏は我々にこうコメントした;「単独のプラットフォームの支配は、確かに終わろうとしています。その原因は、過去数週間のメタクオーツの無謀な姿勢のせいでリスクが増加しているからなのかもしれません。また、cTraderのようなオープンかつフェアなプラットフォームに対する評価の高まりで、クライアント・ベースがものすごく成長しているからだと見ています」

 Holeu氏はこう付け加える;「ますます多くのブローカーが、単独のプラットフォームにおける彼らの技術的リスクを分散しようとしています。当社はまた、リテール・マーケットの推進力がより洗練されて来ていることを認識しており、現在トレーダーは、単独のプラットフォームを取り巻くネガティブ雰囲気の負担がなく、よりフェアなテクノロジーに注目しているのです。」

 トレーダーの牽引力を増加するのに苦労してきたプラットフォーム・ベンダーに対して、プラットフォーム・プロバイダー、NinjaTrader社、創設者&CEOのRaymond Deux氏は、我々への声明で、最近の変化は、将来的に、彼がメガFX市場に参入余地がある重大なチャンスと捉えているという見解を述べている;市場を独占してきたひとつの存在が、遂にはマーケットシェアを譲らなくてはならないのは避けられないことです。私は、FXの余地に、いつも非常に興味を持っていて、それは当社が事業を成長させるべき自然な経路であるのです。今後5年間で、当社のNinjaTraderはFXトレーダーにとって大変な人気プラットフォームになるでしょう。」

 しかし、金や原油のような商品を含む別のアセットクラスに拡大している市場のボラティリティーに伴って、トレーダーは彼らのポートフォリオの分散に意欲的であり、‘ワンストップショップ‘のようなプラットフォームを好むだろう。ウクライナのマルチアセットプロバイダーであるPFSOFT社、マーケティング&セールス・ヘッドのRoman Nalivayko氏は、市場は重要な変化の方に既にギアを入れていたと語る;「当社の観点では、市場は既にこういった方向に動いています。そして、メタクオーツの最近の行動は、それを刺激しているだけです。以前フォーカスされていたひとつのプラットフォームへの関心は、今は他のベンダーに移っています。また、2013年5月のキプロスiFXEXPOとIntegral FX surveyで、この傾向がはっきりとしたのです。」

 ソーシャル取引プラットフォームは、既にメタクオーツの変化に応答しており、我々が今回コメントしてもらったプラットフォーム・プロバイダーのPFSOFT社、NinjaTrader、Spotware Systems社は、以下のように言及している:変化はこの業界にとって大きな利益になるかもしれない。そして、ファンシーな機能を公開することのできるプラットフォーム・ベンダーの間で新しい“うなり”を創出することになる。ブローカーとベンダー両者共、コストや時間がかかる再教育プロセスの難しさに直面することになる。私たちは、MT4ブーマー(世代)にピリオドを打つ!

 私たちは、テクノロジーによるこの市場で、製品をハイライトするショートウィンドウを持つ会社の変化が最高であると思う。ボイスから電子取引に移行した過去15年間に、トレーダーは、ふるまいを変えた;今、私たち全員が進行中の変化を受け入れるべき時に来ている。

■関連記事
2013/03/25 メタクオーツ社、ブローカーに違法プラグインについて警告
2013/04/08 メタクオーツ社 第三者デベロッパーにレッドカード
2013/04/15 メタクオーツ社 第三者開発制限による影響
2013/05/29 メタクオーツ社 Myfxbookをブロックか?
2013/06/04 メタクオーツ社、Tradency、Tradeo、Myfxbook、ZuluTradeとの提携を警告
2013/06/05 メタクオーツ社の断絶:Tradency社、メタクオーツとの関係に終止符
2013/06/05 メタクオーツVSサードパーティーシグナルプロバイダー:ZuluTrade社、合法的だと反論
2013/06/05 メタクオーツ社、ハッキング問題で大騒ぎ―業界はどう考えているのか?

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.