MB Trading社、FDMを維持し、FCMライセンス放棄

mb trading logo 全米先物取引協会(NFA)のウェブサイトのビューワーは、米国のブローカー、MB Trading社に関する情報の一覧で、現在、同社のステータスが「先物取引業者(FCM)の取消し保留中」になっていることに気付くだろう。時を同じくして、MB Trading社は紹介ブローカー(IB)への登録を行っている。同社に関してFXライセンスの取消し保留中の記載はなく、FXディーラーメンバー(FDM)とリテールFXディーラー(RFED)の登録は継続している。

 MB Trading社がFCMを辞め、FDMの道を残したことについて詳細を知るため、 フォレックス・マグネイトは同社にコメントを求めた。経営陣からの説明によると、「MB Trading Futures社は、RFFDとFDMのステータスを維持しているため、現在もFX取引を提供することができ、先物取引は引き続き完全開示ベースで紹介する。FCMからの撤退はただ社内的な理由による。」という。

 MB Trading社の3月末時点でのリテールFXの自己資本は4,030万ドルだったが、同社はこの一連の処理が完了した後も、リテールFX取引の提供を現在と同様のやり方で続けるようだ。先物取引の提供は、現在取得を目指しているIBライセンスを通して行うことになる。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.