FXCM社、5月の個人向け取引高は記録的水準に

by Forex Magnates at 7 June, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

FXCM_120x60 上場FXブローカーのFXCM社は、5月の取引高増加を発表し、引き続き株主を満足させている。同社は5月に個人顧客ベースで3,900億ドルの記録的な取引高を達成した。これは1,910億ドルに達する法人部門の記録的な取引高で花が添えられた。

5月のリテール顧客取引実績:

  • 取引高(1)は3,900億ドル、前月比7%増、前年同月比28%増。
  • 日次平均取引高(1)は170億ドル、前月比2%増、前年同月比29%増。
  • 日次平均取引数量は498,089枚、前月比0.1%増、前年同月比37%増。
  • 5月31日時点での取引可能口座(2)は197,506口座、前月比0.7%(1,332口座)増、前年同月比3%(6,367口座)減。

5月の法人顧客取引実績:

  • 取引高(1)は1,910億ドル、前月比4%増、前年同月比39%増。
  • 日次平均取引高(1)は83億ドル、前月比変化なし、前年同月比39%増。
  • 日次平均取引数量は39,364枚、前月比72%増、前年同月比139%増。

(1)取引高は米ドルに換算
(2)FXCMの規定による取引可能な資金を保有する口座

まちまちの結果:

 4月のラリーは、1980年代以降1日当たりでは最大の金相場の下落が見られ市場に驚きを与えたが、4月の取引高に大きな影響をもたらし、市場参加者は堅調なパフォーマンスを見せた。5月の取引高は一部の参加者では対照的な変動が見られ、例えば日本のGMOクリック証券の取引高が著しく増加する一方、デンマーク大手のサクソバンクは取引高を7.6%減少させた。

配当:

 NYSE上場のFXCM社は月曜日の記者会見で、2013年6月4日から配当落ちの取引となることを発表した。株主には1株当たり0.06ドルの現金配当が2013年7月1日に支払われる予定である。配当落ち日よりも前にFXCM社の株式を購入した株主は現金配当の支払いを受ける権利を有する。同社は10四半期連続で同額の配当を支払ってきた。現在の株価は13.87ドル、配当利回りは1.73%である。

 巳年(2013年)は世界最大の国際FXブローカーである同社にとって快適な年であり、第1四半期の決算発表において同社は、困難な2012年を経て市場の見通しは明るいと述べた。「ボラティリティの変動をわずかに抑えながら、すべての事業ラインにおいて確固たる取引高」を達成している。

唯一の道は法人:

dmitri_galinovphoto

FastMatch社CEO
Dmitri Galinov氏

 FXCMの法人部門はFXCM Proのサービスおよび Lucid Markets社の買収を背景に好調が見込まれる。FastMatch社CEOであるDmitri Galinov氏は、同社の技術面の強みについてフォレックス・マグネイトに対し次のように語った。「FastMatchは株式の分野で長い間普及してきた技術を使用しています。こうした技術は、伝統的にFX市場で利用できるものではありませんでした。流動性が極めて幅広く分散してきたからです。FX市場における電子取引への移行が進み、透明性が高まるなかで、今はこうしたツールも適用できるようになりました。

 その結果、FastMatchはリテールや保管フローなど多様な独自の流動性の源泉を提供するにあたって魅力的な機会を提供するだけではなく、マッチングエンジンは最も効率的な方式で、他のECN(電子商取引ネットワーク)の約10倍に近い速度での執行を容易にもしています。」

■関連記事

2013/05/08 FXCM収益、取引高 共に新記録 法人取引好調
2013/04/10 FXCM 3月取引関連データ発表 取引高減少 口座数増
2013/03/08 FXCM社、Q4&年間実績発表:Q4収益減少、2月リテール取引高は史上4位

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.