インターコンチネンタル取引所、5月の取引高は減少

by Forex Magnates at 6 June, 2013 カテゴリ: FX取引サービス | 海外FX取引サービス | 海外総合

ice 本日インターコンチネンタル取引所(ICE)は、ICEおよびNYSEユーロネクストの株主による、両取引所の合併承認の発表に続けて、5月の取引高を発表した。日次平均取引高(ADV)は331万7,512枚で、前年同月比5%減、前月比13.7%減となった。FX取引については、ADVは4万3,279枚で、前年同月比25%増だったが、前月比では3.2%減となった。これとは対照的に、シカゴ先物市場では5月の取引高が増加している。

 ICEの報告によれば「清算機関としての検査に合格したので、規制機関による承認を受けることを条件として、2013年7月1日、ICE Clear Europeは、NYSE Liffeがロンドンに拠点を置くデリバティブ市場において清算業務を開始することをNYSE LiffeおよびICE Clear Europeの双方が公表した」という。

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

latestreport_here





コメントはまだありません.