メタクオーツ社の断絶:Tradency社、メタクオーツとの関係に終止符

by Forex Magnates at 5 June, 2013 カテゴリ: 取引システム | 海外取引システム | 海外総合

 本日、メタクォーツ社がブローカーやトレーダーに、サードパーティーのコピー取引の使用をやめるよう促す警告を出したのに対して、Tradency社が最初にアクションを起こした。

 同社は、直ちにミラートレーダー・ブローカーを、現在利用可能な実証済みソリューションへシフトして、メタクオーツ・システムのオペレーションを停止すると発表した。

 本日の発表の中で、今まではメタクオーツのサービスによるミラートレーダーを使用することによって、様々な統合ソリューションが顧客に提供されていたと述べた。シフトは現在進行中で、最近の出来事を考慮して加速することが予想される。

images この発表において、Tradency社は、Currenex社、FXCM社、ACT社および他の独自ソリューションを含むメタトレーダーから離れて、成長するクライアント・ベースに対して、トップクラスの技術的統合ソリューションの提供を継続するという明確なメッセージを、会社声明として打ち出した。この方法は、既に一連のブローカーに適切に行われており、したがってTradency社が予定している直接的なシフトをスムーズにすることになる。

 このことは、メタクオーツとの7年の親しい関係の終了を意味するが、メタクオーツが制度化した『third party marketplace(サードパーティー・マーケットプレイス)』へのフォーカスを強めている点から、このような最初の補助的なプラットフォーム会社の方向性が示されたことになる。

この記事の原文はこちら(Original article by Andrew Saks McLeod at forexmagnates.com)

latestreport_here





コメントはまだありません.