GMOクリック証券、新記録更新、取引高1兆ドル目前

by Forex Magnates at 5 June, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

 先日発表された東京金融取引所の取引高20%減少から、日本のブローカーのFX取引高にも少なからず減少がみられるだろうと予想していた。しかし東京金融取引所とは対照的に、取引高世界最大のリテールFXブローカー、GMOクリック証券は、5月にまた新記録を樹立した。5月の合計取引高は9,452億ドルで、前回新記録を出した4月から1.8%増加した。日本の取引高は、積極的な金融緩和策に後押しされ続けている。

 興味深い事に、同社のこの取引高の増加分は、4月の9,137億ドルから9,349億ドルに増加したOTC取引から来ている。一方同社の取引所取引「くりっく365」の取引高は、前月の143.8億ドルから102.7億ドルへ28.8%減少した。

 安部首相による金融政策『アベノミクス』は、インフレ昂進、円高修正を意味している。世界のエコノミスト達がアベノミクスの長期的影響について議論する中、この政策は現地FX業界から喜んで受け入れられている。

■関連記事:独自インタビュー『取引高世界No.1 GMOクリック証券、“スプレッド戦国時代”の勝ち兵法』

GMO Click Volumes in $Billion

GMOクリック証券取引高(単位:10億ドル)

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

latestreport_here





コメントはまだありません.