iFXEXPO:1,500人のビッグイベント最終日

by Forex Magnates at 3 June, 2013 カテゴリ: イベント | 海外イベント | 海外総合

 フォレックス・マグネイトとConversion Pros共催のキプロス、リマソルのグランドリゾートホテルで開催されていたiFXEXPOは2日目の最終日を迎え、初日に引き続きさらなるパネル・ディスカッションが行われた。

 FXとバイナリーオプション業者のハブ的存在であるキプロスは、多くの注目トピックで溢れ、Jackavoma Investments社の共同設立者であるJason Ballor氏はこの日をグリーン・マンデー(Green Monday)と呼んでいた。

 最終日のパネル・ディスカッションは、よりグローバルなトピックを中心にスタートした。フォレックス・マグネイトの法人担当のエディター、 Adil Siddiqui氏が司会を務め、シニアエグゼクティブ参加者と、FXビジネス成長のための方法として、テクノロジーのカスタマイゼーションとこれに対する既製品のソリューションをどう比較するかというテーマで、以下のように活発な議論が展開された:

 ThinkLiquidityマネージング・ディレクター、Jeff Wilkins氏が、テクノロジーがほとんどの局面でより安くなっていて、それが会社の成長に貢献しているという彼の見解を述べたのに続き、Fair Trading Technology CEO、Tim Haman氏は、「トレーダーはより賢くなっている。5~10年前、トレーダーは、ブローカーに技術的パフォーマンスについて質問すらできなかったが、今では、彼らは、ブローカーに以前は要求しなかったものを要求するようにまでなってきた。近頃、要求されているのは、企業技術だ。適切な災害復旧計画は絶対に必要であって、データセンターに対する信頼を最大にすることで、テクノロジーに依存しているトレーダーから信用を築くことができる。また全てのモバイル・プラットフォーム・ビジネスは爆発し、ものすごい数になっているため、知的なソフトウェアを加えたソーシャル・プラットホームとモバイル・アプリケーションを管理することは重要だ。」と述べた。

 Devexpertsの取締役、Stanislav Stolyar氏は、「この業界は、テクノロジーにリードされている。この業界全体が昨年、とても低い取引量で、多くのFX会社がコストカットをしたが、そのためのひとつの方法が、マニュアルのオペレーションをテクノロジーと入れ替えることだった。例えば、ブローカーはベンダーから、異なるアセットクラスを提供してもらい、それらを既存のプラットフォームに加えるなどして、プラットフォームのカスタマイゼーションがされている。」と述べた。

今回のイベントには、1500人もの業界の役員達が集まり、大盛況の内幕を閉じた。次回は、フォレックス・マグネイト東京サミットが7月に開催される。

תמונה

Moderated by Forex Magnates Institutional Editor Adil Siddiqui,
This Afternoon’s Panel Discussed Custom and Off-The-Shelf Technology

この記事の原文はこちら(Original article by Andrew Saks McLeod at forexmagnates.com)

latestreport_here





コメントはまだありません.