岡三証券、フィリピンRCBC証券と業務提携-国際ビジネス共同展開

by Forex Magnates at 31 May, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合 | 海外業者 | 海外総合

 岡三証券グループの中核を担う岡三証券は、2013年4月に創業90周年を迎えた。岡三証券株式会社取締役社長 田中 健一氏は「投資の世界でも、これまで以上にグローバル化と産業構造転換の観点での投資行動が必要。」と述べている。

 そして5月30日、岡三証券はフィリピン大手銀行、リサール商業銀行(RCBC)傘下のRCBC証券と業務提携をすると公表した。マクロ経済や証券市場などに関する情報交換をはじめ、グローバル事業の共同展開などで協働する予定とのことである。岡三証券はフィリピン証券取引所に株式注文を取り次ぐほか、投資情報を円滑に入手できる体制を構築する方針との事。フィリピンは好調な国内経済を背景に株価指数が最高値を更新するなど、日本を含む各国の機関投資家から注目されている。このような市場のニーズを取り込み、アジア事業を拡大させる構想との事である。RCBC証券と締結する覚書には、投資環境などに関する情報交換、国際ビジネスの共同展開のほか、M&A(合併・買収)や新規株式公開(IPO)、投資商品の研究や組成、投資セミナーなどの開催で協力することが盛り込まれる。この提携によって岡三証券はフィリピン株式の注文執行が可能になり、機関投資家によるアジア市場へのバスケット注文(複数市場への一括注文)に対応できるようにする事業戦略である。

岡三証券株式会社のプレスリリースはこちら

latestreport_here





コメントはまだありません.