カブドットコム証券、フリーETFに「NISA向けリスコン5」「NISA向けリスコン10」を追加

カブドットコム証券株式会社は、三菱UFJ投信が2013年5月27日(月)に愛称を付与した「MAXIS トピックスリスクコントロール(5%)上場投信(愛称:NISA向けリスコン5)」「MAXIS トピックスリスクコントロール(10%)上場投信(愛称:NISA向けリスコン10)」を引き続きフリーETFとして扱うことを表明した。

両ETFの対象指標であるTOPIXリスクコントロール指数は、TOPIX(東証株価指数)(配当込み)の過去のボラティリティ(変動の大きさ)を元に、株式部分(TOPIX)の割合を可変にして、算出指数のボラティリティを抑制することによりダウンサイドリスクをコントロールする目的で開発された指数である。NISA(少額投資非課税制度)口座での中長期的な運用に向いたETFとなっている。

現在、「フリーETF」対象銘柄は、11銘柄のラインアップ。この「フリーETF」は2010年6月18日からサービスを開始し、多くの投資家に利用されているとのことである。同社は今後も様々なアセットクラスの「フリーETF」を拡大していく方針である。

カブドットコム証券株式会社のプレスリリースはこちら

latestreport_here





コメントはまだありません.