Broadway Technology社 アジア太平洋地域開拓 Westpac銀行と提携

 米国テクノロジー、ソフトウェア・プロバイダーであるBroadway Technology社は、オーストラリアの大手銀行であるWestpacのFX 部門にテクノロジーを提供することで合意した。

 Broadwayが提供する一連のソリューションから、Westpacは恩恵を受ける。マニュアル、オートトレーディング、ダイナミック・スマート・オーダー・ルーティング、オート・ヘッジング、モデル型トレーディング、低レイテンシー・プライシング、外部取引サイトとのリアルタイムサービス、リアルタイム・リスク・コントロール、E-コマース、シングル・ビジュアル・インターフェースだ。トレーディング・プラットフォームは、FX市場の高い流動性と、よりタイトで効率的なプライシングを提供する。

westpac WestpacのManaging Director、Global Head of FXであるHugh Killen氏は、「当行は、オーストラリア・ドルとニュージーランド・ドルのリーダーとして、国内外の顧客に取引サービスを提供する際に、Broadwayの優れたテクノロジーが当行をサポートする。

 オーストラリアは、国際決済銀行と中央銀行のセミ・アニュアル・レポートによれば7番目のFX市場を維持している。オーストラリア外国為替委員会(AFEC)によれば、オーストラリアの日次取引高(ADV)は、420億ドルだ。

 Broadway Technologyは、アジアオーストラリア地域でのFX市場の成長を強気で見ている。AUD、NZD、G3及びアジア主要通貨は、今後3年で、5倍の成長を遂げると見ている。CEOのTyler Moeller氏は、「高取引市場では、日次4兆ドル以上の取引が行われ、先端テクノロジーは、顧客に決定的な優位性を与える。自動取引と先進のテクノロジーは、オペレーショナル・リスクを減らし、業務の効率性を劇的に引き上げる。」と述べた。

 同社は、2003年の設立以来、毎年利益を上げており、収益は他社が苦戦している中で、過去5年間に毎年50%の成長を継続して上げた。

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

latestreport_here





コメントはまだありません.