ブルームバーグ FXトレーダー向けに、チャット・サービス提供

bloomberg ブルームバーグのトレーディング・ソリューションを使っているFXトレーダーは、チャット・サービスを利用することが出来るようになった。同社の新チャットサービス、Instant Bloomberg (IB) Dealingは、様々な取引関連サービスを得ることが出来る。スポット、アウトライト、NDF、デポジット・オプション取引について、交渉、確認が可能だ。

 このチャットサービスは、現在46か国、100行のグローバル・バンクに利用されている。ブルームバーグは、世界的なデータ情報提供会社の1社だが、Bloomberg Professionalを利用している口座数は、315,000に上り、1日に2億メッセージが交換されている。

 Economics and CommoditiesのGlobal Head of FXであるTod Van Name氏は、「FXトレーダーと共同開発したIB Dealingは、取引について交渉し、取引執行、レポーティングが出来る総合プラットフォームだ。」と述べた。

 米Citi Bank、ニューヨークのDirector of Emerging Market FX and EMFX E-commerceであるDavid O’Shea氏は、「IB Dealingは、FXトレーディングコストを大幅に削減し、総合プラットフォームとして、トレーディング業務と社内コミュニケーションを改善している。Citiは、このブルームバーグのソリューションに多年にわたり、頼っている。」と述べた。

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

latestreport_here





コメントはまだありません.