日本のFX市場の勢い

by Forex Magnates at 22 May, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

 日本のリテールFX市場が世界をリードしている証拠を見たければ、下記のグラフが1つの参考となる。グラフは、東京証券取引所(TSE)と、GMOクリック証券の日次平均取引高(ADV)を比較したものだ。データは、7月のフォレックス・マグネイト東京サミットの為の調査結果として発表された。

GMO Click vs TSE ADV in ¥Trillions

GMO Click vs TSE ADV in ¥Trillions

 GMOクリック証券のADVは、昨年来、継続的にTSEを上回っている。TSEは3兆円に到達し、2007年以来の記録を達成した。FX、株式共に、日銀の金融緩和の恩恵を受けた。刺激策は、11月以来の円レートを25%引き下げた。同期間に日経平均は、2007年来初の15,000台に乗せ、73%上昇した。(1990年の高値からは、50%以上下回っている。)

 リテールFX市場と株式市場の比較は注目される。Q1レポートによれば、日本のリテールFXの第1四半期のADVは15兆円、TSE株式市場の7倍だった。

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

latestreport_here





コメントはまだありません.