eToro社、イスラエルで初の『ビットコイン・ハッカーソン』を開催でプログラマー達が集結

etoro logo
 ビットコイン(Bitcoin)社は、カリフォルニア州サンノゼで【Bitcoin 2013: The Future of Payments】を今週末に開催する。イスラエルでは、同国初のビットコインハッカーソンが5月30日に開始される。同イベントサイト上には、『48時間のコーディングマラソン:“ビットコインハッカーソン*”-このハッカーソンの目的は、開発者、デザイナー、起業家、そしてビットコインファン達にビットコインに関するアイディアを売り込むチャンスを提供する事です。チームを編成し、アイディアに基づいたプロトタイプをわずか48時間以内に構築するのです!』と書かれている。
※ハッカーソン:プログラマーたちが集まり、集中的にプログラムを開発すること。

 このハッカーソンの興味深い点は、このイベントがソーシャルトレーディングブローカーであるeToro社によって主催される事である。同社と同社CEOのYoni Assia氏は、ビットコインとハッカーソンの両方を支持してきた為、eToro社が主催者である事に驚きはない。2月に、eToro社は、同ブローカーのサービスを向上できる革新的なアイディアを生み出す為に、自社内で従業員達に対してハッカーソンを開催した。eToro社は、このデジタル通貨『ビットコイン』について前向きに捉えてきており、ビットコイン入金を導入する計画についても言及してきた。しかし、現在までにビットコイン関連の話はただので終わっていた。このようなイベントへ関与する事で、同社が、ビットコイン商品に関連する取引のプロモーションにも影響を及ぼしリソースを提供する可能性も考えられ非常に興味深い。

 フォレックス・マグネイトは、同社にこのイベントへの関与や、ビットコインのさらなる計画について伺っている。同社からのコメントがあり次第本サイトにアップデートする予定だ。

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

latestreport_here





コメントはまだありません.