みずほコーポレート銀行 CLSアグリゲーション・サービスに参加

by Forex Magnates at 17 May, 2013 カテゴリ: その他 | 国内その他 | 国内総合

cls bank CLS GroupとTraianaは、みずほコーポレート銀行が、CLSアグリゲーション・サービス(CLSAS)に参加したと発表した。みずほは、他のグローバル9行と共にCLSASに参加し、OTC FX市場の参加者にトレード・コンプレッション・サービスを提供する。CLSASは、CLSでシングル・アグリゲート・トレードとして、トレードセトルメントが行われるように、FX取引を付け合せ圧縮する。CLSによると、参加者の利点は、「市場業務リスクを減じ、切れ目のない、標準化されたポスト・トレード、プリ・セトルメントの受渡しが可能となる」ことだ。CLSASは2010年1月にローンチされ、2013年第1四半期には日次平均取扱い高が前年同期比45%増となり、440,000単位となった。

 各社のアナウンスメントから

 CLSのCEOであるDavid Puth氏は、「CLSアグリゲーション・サービス(CLSAS)とって新たなマイルストーンであり、みずほの参加を歓迎する。昨年来、取扱い高は急増し、リスクの低減とFX取引のグローバル・インフラの強化に取り組んでいる。」と述べた。

 TraianaのCEOであるAndrew Coyne氏は、「CLSASにみずほを迎えることが出来、喜んでいます。設立から2年が過ぎ、CLSASはユーザーの能力を高め、ビジネスが成長するよう業務リスクを低減させてきました。アジア最初の銀行として、みずほが参加し、グローバルサービスが拡大しています。」と述べた。

 みずほ、Executive Officer and General Manager of the Forex DivisionであるNakano氏は、「みずほが、アジア初の参加者としてCLSASに加われ喜んでいます。トレード・コンプレッション・サービスは、業務リスクを低減し、業務の効率性を提供してくれます。」と語った。

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

latestreport_here





コメントはまだありません.