カナダ オンライン投資拡大のサイン

by Forex Magnates at 16 May, 2013 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合

Tips-for-long-distance-online-investors オンライトレーディングは、昨年最も流動性の高いアセットクラスにおいても停滞していた。投資家はハイリスク商品から逃避し、ブローカーは次の商品を探していた。カナダの主力銀行の1つであるBank of Montrealは、調査により将来は明るいことを認識した。

 BMO InvestorLine社は、オンライン上のトレーディングと投資習慣について、1,000人のカナダ人を対象に調査を行った。結果、65%の人々が、5年以内にオンライン投資をすると答えた。さらに、18歳から34歳の80%以上が、2018年までにオンライン上で売買及び投資管理を行っているだろうと答えた。

 オンラインリサーチ及びマネージド・アカウント・プロバイダーであるfxhelpers.com社のHead of Business Development、Michael Buchbinder氏は、「この調査は、株式市場と相関しない投資に関して、上手に管理ができる方法を探している顧客に光を与えるものだ。インターネットとプロ投資家の出現で、FXマネージド・アカウントの利点と透明性が認識された。これは、彼らに大きな選択の自由、管理能力を提供するものだ。」と述べた。

 オンライン取引

 さらに調査は、カナダ人の20%がオンライン取引を行っていることを発見した。国際取引所連合(WFE)の月次取引データによると、カナダのトロント証券取引所は、時価総額でみて世界で7番目の大きさだ。リテール株式投資への参加率は人口の38%であり、1,300万人の人々が、株式投資を行っている。

 カナダの成長するFX、CFD市場

 個人投資家の株式投資参加率の高さにより、彼らのポートフォリオが自然にCFDにも広がっている。英CMC Marketsは、カナダにオフィスを構えた最初の主力ブローカーだ。初期のカナダ金融当局は、ブローカーにプロ投資家との取引しか認めなかったが、その後リテール投資家も含めるよう自由化した。カナダ市場は、FXCMゲイン・キャピタルなどの主力ブローカーにより、この数年で成長してきた。

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

latestreport_here





コメントはまだありません.