Currensee社 Trade Leaders ヘッジファンド ローンチ

by Forex Magnates at 10 May, 2013 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合

currensee-logoFXソーシャル・トレーディング・ネットワークを提供するCurrensee社は、Currensee Trade Leader Alternative Growthファンドをローンチした。ファンドは、Trade Leadersのストラテジーから生まれるポートフォリオを利用する。Currenseeのソーシャル・ネットワークは、ユーザーに同社が事前に選択したストラテジーであるTrade Leadersに沿って、ポートフォリオのフォロー、コピートレードを行うことを可能にしている。ファンドの目的は、マネージドファンドの組成のために、Trade Leadersを使用してもらうことだ。FXブローカーとして登録されているCurrenseeは、NFA(全米先物取引協会)とFCA(英金融行為監督機構)に登録している。

CEOのDave Lemont氏は、「投資家は、アクティブ・マネージド・FXファンドに投資することが出来る。このことは、投資家が、株式、債券、商品、FXのようなオルタナティブによるバランス型のポートフォリオを構築できることを意味している。ファンドは、主要通貨を異なった時間帯でロング・ショート取引ができることから、株式指数とは非常に相関性が低い。」と述べた。

詳細を聞くために、共同創業者商品担当VPのAsaf Yigal氏にインタビューを行った。

Trade Leadersの意思決定プロセスは、どうなっているのか?

戦略は洗練されている。プログラムの中で運用成績トップ15名を選択し、彼らの取引スタイルをレーティングし、どうして直近の成績が良かったのかを解析する。評価基準に従って、確信を持てるトレーダーにファンド資金を配分する。成績の振るわない平均以下のトレーダーでも、最近成績を上げたトレーダーには、少額の配分を行う。

ファンドの設定はいつ頃か?

すでに設定されており、QEP(適格参加者)へは提供可能だ。

ファンドはFXのみに投資するのか?

FXのみに投資する。トレーディングを知らない投資家に参加する道を提供している。

このファンドに興味を持っている顧客層は、どういうタイプか?個人か年金ファンドか?

現在のところ、富裕個人が多い。年金、基金もターゲットにしているが、彼らの投資期間は長期だ。

リテール向けのミューチャル・ファンド方式は考えているか?

成功すれば、リテール・エクイティ投資家向けにETFやミューチャル・ファンドも計画して行く。

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

latestreport_here





コメントはまだありません.