ゲイン・キャピタル 第1四半期(Q1) 業績 回復

by Forex Magnates at 9 May, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

gaincapital上場会社であるゲイン・キャピタルは、2013年Q1の業績を発表した。グループ全体として成長し、純収益は50%増となった。純利益は4.3百万ドル、一株当たり0.11ドルとなり、純収益は49.8百万ドルだった。ゲインは、FXCMが買収を仕掛けたこともあり、Q1に最も会議したブローカーの1社だ。特に、GFTの買収については、多くを語ってくれた。結果、FXCMは、ゲインの買収から手を引いた

CEOのGlenn Stevens氏は、「純収益が50%増、EBITDAは1.3百万ドルから7.5百万ドルに上昇した。市場の改善の中で、すべての主要ビジネスが大きく成長した。収益の多様化を行い、コミッション・ベースのビジネスが22%を占めた。前年同期は、11%だった。」と語った。

「主要業績値のポジティブなトレンドをレポートしたが、顧客資産は40%上昇し、456.9百万ドルの新記録となった。入金口座は36%上昇し、100,020口座となった。買収と成長の賜物だ。」とStevens氏は、付け加えた。

「4月もポジティブなモメンタムが継続し、リテールと法人取引がそれぞれ26%、103%前年比で増加した。DARTs(日次平均収益性)は、2013年3月から10%上昇している。リテール、法人、先物ビジネスにおけるすぐれた商品構成が、拡大するグローバルビジネスを通して利益を上げてきた。」と述べた。

主要ポイント(2012年Q1比)

  • 純収益 33.2百万ドルから49.8百万ドルへ50%増加
  • 純利益 1.3百万ドルの損失から4.3百万ドルへ増加
  • EBITDAは、1.3百万ドルから7.5百万ドルへ増加
  • 4月の成績が、継続的にポジティブな傾向を示している
  • GFTの買収調印

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

latestreport_here





コメントはまだありません.