楽天証券、シンガポール証券取引所(SGX)のトレーディング・メンバー資格取得

楽天証券は、日本最大級のインターネット・ショッピングモールを運営する楽天グループのインターネット証券である。1999年6月に日本初のオンライン専業証券としてサービスを開始して以来、2012年5月末現在、約130万人のお客に選ばれ利用されている。

楽天証券はオリジナルのトレーディングツール「マーケットスピード」をリリースし、日本で初めて個人向けにリアルタイム自動更新する株価の配信を開始するなど、顧客の立場に立ったサービスの提供をしている。また、楽天市場でのショッピングにも使えるポイントプログラムを導入し、楽天銀行や楽天KCカードと連携した各種金融サービスを提供するなど、楽天グループの強みを最大限に活かしたサービスや商品を提供している。

その楽天証券が個人投資家のグローバル市場に対する投資ニーズに応えるサービス提供の為、シンガポール証券取引所(SGX)のトレーディング・メンバー資格を取得した旨を表明した。

フォレックス・マグネイト2013 Q1リテールFX市場調査報告書にも記載したように日本の中小企業またFX業社の海外直接投資は、増加傾向にある。中でもアジア市場の旺盛な需要を見込んで、販路開拓を求める動きが活発化している。

楽天証券も同様にシンガポール証券取引所との繋がりの基に、アセアン諸国への投資機会を拡充していく戦略のようだ。

楽天証券によるリリース内容はこちら

latestreport_here

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.