ランキング激変、業界関係者様必見の最新版『2013年Q1リテールFX市場調査報告書』

 華々しく幕を開けた2013年、第1四半期は世界の多くの企業において記録的な取引高が報告され、ブローカー別取引高ランキングに大きな変化を与えた。日本では世界最大のリテールブローカーGMOクリック証券が、2月の月間取引高で世界最高記録を樹立し、DMM.com証券やマネックスグループでも2倍近くの成長を見せた。グローバルブローカーも同じく好調な実績を挙げており、世界全体のFX取引高で日本が占める割合の変化も当調査報告書で見る事が出来る。

 法人FX業界では海外進出・拡大が大きなトレンドとなっており、注目地域やその理由についても取り上げている。また、先日日本でも規制がほぼ固まったバイナリーオプションについてもグローバルな業界レビューをまとめた。

 テクノロジー分野ではトレンドや需要に応じ常に開発が行われ、今業界ではどのようなテクノロジーが普及しているのか、また今後どのようなソリューションが必要とされるのかのヒントを見つける事が出来るだろう。

 毎四半期恒例の、取引高別世界のブローカーランキング、日本vs日本以外の取引高比率、リテールFXと法人FXの概況、FX関連サイトのアクセス調査に加え、下記特集を含めた厳選した内容をお届けする。

■最新版!2013年Q1リテールFX市場調査報告書の目次一覧・プレビューはこちら

※2013年第1四半期より、日本の読者様向けに内容を厳選した圧縮版でご提供させて頂きます。その分お値段もお求め易い価格になり、より多くの業界関係者様にご活用頂ければ幸いでございます。

p2p networksP2Pプライベートネットワーク:トレーダーをリクイディティへ繋ぐ
金融機関がどのようにP2Pプライベートネットワークを用いて新しい地域に参入し、顧客を獲得しているかについて取り上げている。また、P2Pネットワークの需要がある主要地域や、トレーダーがブローカーに何を求めているのかについても議論されている。

asia image商品取引所の出現:着実に進むアジア
アジアにおける地域的な商品取引所設立のブームについて、4人の専門家に意見を伺った。取引所への需要をけん引しているものは何か、現地トレーダーの関心は何か、そして海外業者のチャンス等についてまとめている。

hkbigapple香港:極東のビッグアップル
中国でビジネスを行う為のビザオフィスとして地位を確立してきた香港。多くの金融企業も注目のこの土地がアジアの金融拠点としての評価に沿っているかどうか調査した。株式市場、商品市場、銀行セクター、規制関係、国内FXブローカー、取引所、トレーダーの統計データ等、多方面から分析。

customer engagment顧客対応ソリューション:自動化の選択
現在、どこでも話題となっているのが顧客対応についてである。いかに顧客に満足してもらい維持し、長期顧客にするかどうかは顧客対応がキーとなっている。この特集では、ブローカーに新規リード獲得や既存顧客へのサービスに対応する自動化ソリューションを提供する2つの業者に焦点を当てた。

compressionFX決済の効率化とコスト削減
FX市場では1日平均4-5兆ドルの取引が行われ、これら全ての取引がモニタリングされ精算される強固なシステムが必要とされている。大手FXポストトレード&精算業者であるCLS銀行とTraianaの事業や、低スプレッドで取引高を上げるにはどのようなオペレーションを行ってきたのかについて掘り下げた。

 この他にもバイナリーオプション業界のアップデート情報や、マカオで開催されたB2Bイベント『IFXEXPO』のレビュー、MT4とMT4の接続の特集もある。

latestreport_here
※サンプル版もご覧頂けます。

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.