インターコンチネンタル取引所(ICE) 第1四半期 収益減少

by Forex Magnates at 2 May, 2013 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合

ice ICEは、第1四半期の財務結果を公表した。GAAP希薄化EPSは1.85ドルとなり、前年同期比8%下落し、連結利益は352百万ドルとなり4%減となった。日次平均取引高は3.6百万枚となり、4%減だった。取引、清算フィーは、ICEの収益の299百万ドルを占めた。

 ICEは、NYSE Euronextとの合併を控えているが、6月3日の臨時株主総会で承認される予定だ。合併に当たり、第2四半期に10~12百万ドルの費用が計上される。

 ICEの会長兼CEOのJeffrey C. Sprecher氏は、「将来の規制が不透明な中で、取引所サービスの提供を続けている。今期はイニシアティブを発揮し、ICE Endex取引を完了し、世界の天然ガス市場への参加を果たした。NYSE Euronext買収の当局承認が下り次第、提供する市場のグローバル化を加速する為の総合プランを進める予定だ。」と述べた。

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

latestreport_here

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.