バイナリーワーキンググループ座長 FXトレード・フィナン シャル副社長によるバイナリー自主規制に関するコメントビデオ

 バイナリーオプション規制に関する先の報告に続き、金融先物取引業協会(FFAJ)は規制提案の最終報告書を公開した。

 尚、FXトレード・フィナンシャル副社長 太田順也氏が座長を務めるバイナリーオプションワーキンググループによるバイナリー取引規制骨子1月決定概要は以下のようであった。

【バイナリーオプション規制骨子の概要】

  • 正しい知識の提供
  • 過度な取引の抑制
  • 顧客保護、顧客利益に資する商品設計
  • 適切な取引条件による商品の提供
  •  そして、4月24日の金融先物取引業協会(FFAJ)による規制提案の最終報告書公表と続く。FXトレード・フィナンシャル副社長 太田氏によると、月1回の割合で開催されたバイナリーオプションワーキンググループミーティングは次回の第12回が最終ミーティングとなり、次回の最終ミーティングは5月中旬の見込みである。これにより、新バイナリーオプション取引設定、企業の管理体制、顧客対応管理などの最終結論が公表される予定である。また、太田氏によると、今後、バイナリー自主規制が施行されると、現在存在するバイナリー商品の設定並びに管理体制の変更は必須となるであろうと述べていた。

     ここに、FXトレード・フィナンシャル副社長 太田順也氏によるバイナリーオプションセミナーのビデオをご紹介したい。バイナリーオプション規制の最新情報並びに今後の規制の導入スケジュール及び経過措置を中心に解説している。
    ■第4回バイナリーオプションの今後の方向性 ~HIGH・LOWはどこへ向かうのか?(動画)


    Video streaming by Ustream

    latestreport_here

    フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





    コメントはまだありません.