OANDA社 カレンシー・コンバーターにビットコインを追加

 OANDAは、カレンシー・コンバーターにビットコインを加えたと発表した。VP of TradingであるCourtney Gibson氏が、ブログで述べた。数週間前から噂があり、ユーザーはコンバーターにビットコインが現れたり、消えたりしているのを見ていた。(発表後の今でも同様だが、現在はヒストリカル・レートが見られるようになっている。)Gibson氏は、「当社は、金融のイノベーションにおいて興味深い実験を行っている。当社は情報を共有し、この混乱をもたらしかねないテクノロジーが業界や市場にとって成熟して行けるのか見極めたい。」と語った。

 ビットコインの合理性について、フォレックス・マグネイトも同様な意見を述べた。ビットコインは単なる通貨ではなく、デジタル化された資金送金形態の一部だと思っている。Gibson氏は、同社がビットコイン商品をローンチする計画はなく、「サイバー通貨の認識は、広まっているが、当社は、プラットフォーム上で取引可能な通貨としてビットコインを取り上げ、取引口座の入金手段として受け入れる予定はない。カレンシー・コンバーターに加えたのは、仮想支払システムでビットコインへの広い関心があることを認識する為だ。」と述べた。

OANDA Bitcoin Historical Rate Currency Converter

OANDA Bitcoin Historical Rate Currency Converter

 OANDAが、ビットコイン取引でリーダーとなるつもりがないのはやや失望だ。同社CEOのK Duker氏は、ブログのReddit AMAで、今年の初めに前向きな意見を述べていた。しかし、直近のスタンスは市場とのギャップを埋める意義あるものではない。

 IGが、先週ビットコイン商品をローンチしたのは例外的で、大手のFXブローカーは静観している。議論は行っているようだ。

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

latestreport_here

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.