日本の金融庁(FSA) 米国財務長官へ クロスボーダーOTCデリバティブ取引についての意見書提出

by Forex Magnates at 22 April, 2013 カテゴリ: 各国FX規制関連 | 国内FX規制関連 | 国内総合 | 海外FX規制関連 | 海外総合

日本のFSAは、7か国の政府高官が共同サインした、クロスボーダーOTCデリバティブ取引に関する意見書を米財務長官、Jacob J. Lew氏宛に提出した。

FSAの他に、下記各国高官のサインが含まれていた。:

  • ブラジル財務大臣 Guido Mantega氏
  • フランス財務大臣 Pierre Moscovici氏
  • 麻生太郎、副首相、財務大臣
  • 欧州委員会 国内市場・サービス委員会委員長 Michel Barnier氏
  • ドイツ財務大臣 Wolfgang Schauble氏
  • ロシア財務大臣 Anton Siluanov氏
  • 南アフリカ財務大臣 Pravin Gordhan氏
  • スイス財務大臣 Eveline Widmer-Schlumpf氏
  • イギリス大蔵大臣 George Osborne氏

意見書は、下記の人々へコピーされた。

  • FSB会長
  • CFTC会長
  • SEC会長
  • 米上院委員会会長(農業、 栄養、林業) 
  • 米下院委員会会長(農業)

国際協力

この書簡は、FSAによって書かれたが、これら9か国の代表による、共同提案となっている。

上記の各国代表者は、この極めて重要な金融市場に係るルールが、結果として各国の規制との調整が行われていないことへの懸念を米財務長官宛に表明している。意見書は、グローバルな政策立案、各国の規制当局間との調整なしには、デリバティブ市場が、現地化し、非効率となり、グローバルなリスク管理手段を失うことになると懸念を表明している。

このことは、翻れば、流動性を損ない、投資と成長を阻害する。参加した各国は、OTCデリバティブの改革に共通のコミットメントを示している。異なった市場と特徴、リスク特性を持った各国が、このグローバル・イニシアティブに賛同を示している。

合理的で、総合的な解決案が、クロスボーダー・デリバティブには必要だ。規制当局は、利益相反を避け、国内ルールとの重複を避ける必要がある。共通の認識、代替コンプライアンス (サブスティテューテッド・コンプライアンス) 規定、例外規定、または、これらの組み合わせは、アプローチとして大いに意味がある。クロスボーダーで活動する企業に対しては、登録要件を吟味する必要があるだろう。

この議論が意図した結論は、各国規制当局が、意見書に述べられた基本方針に沿う結果を得るために、相互に協働する必要があるということだ。

基本方針

  1. クロスボーダー・ルールは、他の法地域で、コピーされ適用される場合には、国内規制との重複や相反、矛盾によるギャップが起きないようにする必要がある。
  2. これは、代替コンプライアンス規定の検討と平準化作業の中で、達成されるだろう。2009年ピッツバーグ・コミットメントをOTCデリバティブに適用する、各国間の相互努力が必要だ。同等で、矛盾のない調整が必要で、異なる結果を生みかねない各国当局の協力が不可欠だ。

代替コンプライアンス規定(サブスティテューテッド・コンプライアンス)

効率的な金融市場にとって、適切に規制された国際デリバティブ取引は、必須だ。クロスボーダー取引に対する多様なルールの一斉適用は、規制上の利益相反、国内規定との矛盾、重複などを引き起こし、結果的に、取引の障害となりえる。2国間で同時に採用した新ルールが、破壊的で、コスト高をもたらし、結果的に不要であったと言われないように、フェアで矛盾のない結果をもたらすよう努力する必要がある。

全体観:代替コンプライアンス規定情報は、取引関連ルール、国外に設立された法人に適用されるルール等について、すべての市場参加者に提供されなければならない。

登録要請

私たちは、外国企業に対する登録の強制は、不要な負荷をもたらすと考えている。すでにいくつかの国では、実際に登録の強制が行われているが、2009年のG20で予想された結果は得られていない。現地のルールは、国境を超えるべきではない。この認識に沿っていない例外的ケースは、特定の理由を持つ場合にのみ存在していると認識している。(例としては、他国への取引決済サービスを提供している国際的決済機構などだ。)

タイミング

jacob-lew-1-sized

US Secretary of Treasury
Jacob J Lew

代替コンプライアンス規定に沿って、外国企業については、対応への猶予が与えられるべきだろう。特に、国際的な交渉が行われている法地域では、各外国企業へのメリットは大きく、グローバル・スタンダードな規定を構築する為の適切な準備期間が与えられるべきだろう。

この記事の原文はこちら(Original article by Andrew Saks McLeod at forexmagnates.com)

latestreport_here

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.