第1四半期(Q1) 米ブローカー収益性レポート 楽観のサインか?

by Forex Magnates at 22 April, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

米国ブローカーが、収益性に関する2013年Q1レポートを提出した。取引量の増加だけでなく、アクティブ・トレーダー数が3,506から99,207へ増加した。口座数が最も伸びたのは、Interactive Brokers社で、17.7%、ゲイン・キャピタルは、FX Solutionsから2012年末、3,726人のリテール顧客を買収したことにより、アクティブ・トレーダーが17.2%増えた。

Q1 2013 Data:

Q1 FX US Profitability

Major FX Broker Client Profitability Since 2011

Major FX Broker Client Profitability Since 2011

ボラティリティは、トレーダーに歓迎されたが、顧客の収益性は加重平均で1.7%低下した。収益性で3.3%下落したが、トップはInteractive BrokersとなりCitiFXとOANDAが続いた。FXDDの顧客収益性は6.0%上昇し36.2%となり、アクティブ口座は8.9%増加した。

2013年Q1 米FXトレーダー収益性

  • アクティブ・トレーダー数: 99,207
  • レポートブローカー数: 11
  • Interactive Brokers社が、顧客収益率トップ。上位3社は、前期と変わらず。
  • MB tradingとIBFXの2社が、口座を減少させた。

以前のレポート: Q4 2012, Q3 2012, Q2 2012, Q1 2012

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

latestreport_here

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.