CFTC(米商品先物取引委員会) FCM(先物取引業者) 2月財務データを公開:Easy Forex社 米国撤退

by Forex Magnates at 15 April, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

CFTCは、FCMの2月財務状況を開示した。リテール預り金は、15.9百万ドル減少し、641.6百万ドルとなった。預り金の減少は、ボラティリティの上昇にも拘わらず、2013年第1四半期のトレーダーの収益性が低下したというレポートの流れに沿っている。興味深いのは、四半期収益率でトップを走ってきた、Interactive Brokers社の落ち込みが最大であったことだ。

Advanced Markets社は、FCMがECP(適格取引先)を相手方として取引をする場合には、現行の1百万ドルから20百万ドルへの純資本を求めるという、新NFAルールに沿い、純資本20百万ドル以上を維持した。

最大のニュースは、Easy Forex社の除名だ。同社は、2010年からFX決済ディーラー(FCD)となり、FCMとして留まっていたが、この度撤退した。同社は、2月24日にNFAの登録を取り下げた。6月30日に施行される、新自己資本ルールが影響した。FXCMのIBとしてやってきたForex Club社もまた、登録取り下げを決定した。今のところ、GFTがRFED(リテールFX取引ディーラー)ライセンスを取り下げた後、Advanced Marketsのみが、NFA新ルールの影響を受けるだろう。

(アップデート:GFTの財務データは、FDM、RFEDの登録が消されたことから、リストに載っていない。同社は、1月末に法人取引に特化するスワップ・ディーラーとして登録したので、プレゼンスは続きそうだ。リテールFX預り金はゼロだが、調整自己資本は4,199,290ドルとなっている。)

CFTC FX FCM Feb Data

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

latestreport_here

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.