Edison Ventures社 OptionsCity社へ投資:ゲイン・キャピタル社 Wald氏がOptionsCity社の取締役に就任

by Forex Magnates at 11 April, 2013 カテゴリ: その他 | 世界FX取引業者動向 | 海外その他 | 海外業者 | 海外総合

edison ventures logo ベンチャーキャピタルであるEdison Ventures社は、シカゴのオプション、マルチ・アセット プラットフォームのプロバイダーであるOptionsCity社に投資したと発表した。同社は、銀行、電子取引、支払処理業界等の金融セクターに集中投資している。電子トレーディング分野では、同社の投資先に、ゲイン・キャピタル、EdgeTrade社、Derivatives Portfolio Management社、TraderTools社がある。

 OptionsCityにとって、今回の投資は、売り上げやマーケティング、製品イノベーション、国際展開を加速する機会となるだろう。2006年に設立されたOptionsCityは、オプション業界向けに、エンド・ツー・エンド 電子マーケット・メイキング&トレーディング・プラットフォームを開発した。2011年にFreewayをリリースし、ユーザーが開発した、アルゴリズム・ストラテジーを組み込んだ、マルチ自動取引プラットフォームを展開した。Edisonから資金導入した理由について、OptionsCityのCEOであるHazem Dawani氏は、「私たちは、デューデリジェンス後に、Edisonをパートナーとして選んだ。トラックレコード、急成長の実績、コミットメント、知識が決め手となった。今後、新たな成長を遂げて行くことに興奮しています。」と語った。

 Edison Venturesは、金融関連投資の長いトラックレコードの実績の中で、今回、OptionsCityを選んだ。Edison VenturesのManaging PartnerであるChris Sugden氏は、「OptionsCityは、イノベーションを証明してきた。Freewayは、オプション、先物の次世代開発を象徴している。トレーダーは、マルチ・アセット投資への戦略を素早くテストし、実装できる。顧客は、繰り返し実感するだろう。」と述べた。

Joe Wald

Joe Wald氏

 面白いつながりだが、Edison Venturesの元CEOで、現在、ゲイン・キャピタルのExecutive Vice PresidentとしてGTX法人部門を率いているJoe Wald氏が、OptionsCityの取締役会のメンバーになることだ。Joe Wald氏は、ゲインが、リテール事業からの分散を目指して、戦略部門であるGTX部門にアポイントした人物だ。今は、FXCM/ゲインの買収劇が、GTX部門にどのような結果をもたらすのか見守るしかない。GTXへの質問に、FXCMは、ノーコメントだった。「合併後の統合プランについて具体的なことは何も言えない。」ということだった。

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

latestreport_here

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.