Dukascopy Bank社 日本のAFT社と提携

aft logo アヴァトレード・ジャパンとのパートナーシップを発表した1か月後に、Dukascopy Bank社は、日本のFXブローカーであるAFTとJForexプラットフォームを提供することで合意したと発表した。リクイディティーは、銀行のSWFX ECNとなる。JForexプラットフォームは、AFTのMarketLinkにノー・ディーリング・デスク(NDD)ソリューションとして接続される。AFTは、2004年に設立され、STP FX取引のはしりだった。

 AFTのCEOである、Meigetsu Miyashiro氏は、「流動性の高いSWFX ECN を持つ、Dukascopy Bankとの提携は、当社がFX事業をさらに拡大する良い機会だと思っています。当社の先進のトレーディングソリューションと革新的な取引ツールをDukascopy BankのAPIと接続することにより、高品質、プロレベルのサービスを、価格の透明性と流動性と共に提供できるようになります。さらに、パートナーによる自動取引とサポートシステムが、当社の顧客に、トレーディング機会を拡大することを期待しています。」と語った。

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

latestreport_here

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.