ICAP社 3月取引高 発表 FX19%ダウン

by Forex Magnates at 5 April, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

ebs logo グローバルインタディーラー業者であるICAP社は、FXプラットフォームであるEBS上の月次取引高を発表した。3月の日次平均取引高(ADV)は、1,204億ドルとなり、前月比19%減、前年同月比2%減となった。

 今週の初め、CMEICEの取引高は堅調だった。オーストラリア ブローカーも、3月は好調だった。しかし、日本のブローカーの取引高は、円ボラティリティーの低下により、3月は、大きく落ち込んだ。日本からのEBS上の取引高も、同様に減少した。1、2月は、EBS上の取引が記録的だったことも、日本の取引状況と符合する。

 ICAP全体の電子取引高は、7,429億ドルとなり、前月比7%減、前年同月比1%減となった。ユニット別では、USレポ取引のみが、2,311億ドルとなり、前月比、前年比共に微増となった。

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

latestreport_here

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.