GMOクリック証券3月取引高、遂に減少

by Forex Magnates at 4 April, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

 リテールFX取引高世界第1位のGMOクリック証券は、連続で月間取引高を更新していたが、3月取引高は、2月の8,618億ドルから18.9%減少し6,987億であった。先日公表された東京金融取引所と3月の円取引に落ち込みを見せたCMEでも同様に減少が見られている。

 総取引高でみれば今回の減少は間違えなく重大であるが、この数値はいまだ2012年の平均をはるかに上回っている。
1月の記録的な数値について、同社は、円のボラティリティーが顧客を魅了し取引増加へと繋がったと述べた。このように、2012年に比べると2013年の数値は力強く、これは円ボラティリティーの横ばい状態にも関わらず、同社が、取引に関心を持つ非常に多くのトレーダーを確保出来た事を意味する。しかしながら、この3月の実績は、ボラティリティーが2012年レベルに戻れば、今後数カ月間、再び取引高減少が起こりうる兆しとも言える。

GMO Click Volumes ($billions)

GMOクリック証券取引高 (単位:10億ドル)

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

latestreport_here

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.