シンガポールに新データセンター設立

by Forex Magnates at 29 March, 2013 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合

download データセンター企業であるEquinix及びシンガポールの上場不動産投資信託であるMapletree Industrial Trustは、本日、Equinixの3番目のデータセンターである、International Business Exchange™(IBX®)をシンガポールに設立すると発表した。新しいデータセンターは、金融、クラウド関連企業である顧客企業からの、シンガポールにおけるプレミアム・インターコネクション及びデータセンターサービスへの強い要望に沿って、Platform Equinix™をさらに拡張することになる。

 新しいシンガポールのIBXは、one-northにある、Equinixの既存SG1データセンターに隣接した場所に建てられる。両データセンターは、専用光ファイバー線によって、相互に接続され、SG1を通して、Equinixプラットフォーム内でビジネを拡大できる。新たなIBXは、2012年7月にシンガポール通貨庁(Monetary Authority of Singapore)が設定した規則に対するコンプライアンス機能も含んでおり、金融関連顧客に対するセキュリティー機能に対応している。

 2014年の下半期にローンチされる、新たなIBXデータセンターは、約385,000スクエア・フィートの総床面積と5,000キャビネットを超えるマルチフェーズを誇り、顧客ニーズに応えるEquinixのプレゼンスを著しく拡大するものとなるだろう。

 Equinix South Asia社のManaging Directorである Clement Goh氏は、「シンガポールは、地域のクラウド・ハブとしての重要性を増している。グローバル・マルチナショナル企業は、他のアジア太平洋市場への多様な接続性を確保するゲートウェイとして、シンガポールに進出してきた。Equinixは、シンガポールの拡大するデータセンターとインターコネクション・サービスへの要求に応えることにコミットしている。新たなデータセンターは、金融クラウド顧客が新ビジネスを展開する際に、コラボレーションの機会を増やし、パフォーマンスを改善し、オペレーショナル・コストを引き下げ、低レイテンシーと高近接性を達成することをサポートする。」と述べた。

 Mapletree Industrial Trustの管理会社、Mapletree Industrial Trust Management Ltd.社のCEOであるTham Kuo Wei氏は、「私たちは、Equinixと協働し、新たなマイルストーンとなる、シンガポールに3番目のIBXデータセンターを開設できたことを嬉しく思います。Equinixのコミットメントによって、MITの高スペック装備へのカスタマイズ能力に対する自信を深めました。この共同開発は、MITが資本支出と開発プロセスを管理する間に、Equinixがコアビジネスに集中することを可能にしました。」と述べた。

 これが、MITの2番目のデータセンターの開発であり、2013年3月31日に終了する会計年度内に、作り込まれる2番目のプロジェクトとして確認されている。新たなIBXデータセンターは、7階建てのビルでone-northに位置し、JTC Corporationによって開発された200ヘクタールの世界的な調査研究施設、ビジネスパークスペースにあり、バイオメディカルサイエンス、情報通信テクノロジー、メディア、自然科学、機械産業等の一群の成長を支援する施設の中にある。シンガポールの南西地域に位置し、このビジネスパーク不動産は、主力の高速道路で容易にアクセスでき、公共交通網で繋がっている。

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

latestreport_here

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.