バイナリーオプション・プロバイダー TradoLogic社 日米欧で特許取得

trado logic 競争の激しいバイナリーオプション業界において、知的財産を所有し、守ることは、サバイバルにとって重要だ。バイナリーオプション・プラットフォーム・プロバイダーのTradoLogicは、ヨーロッパと日本の当局が、申請していた特許を認めたと発表した。同社によると、これら承認は、1月の米国での承認に続くものだ。パテントは、ロールオーバー、テイクプロフィット、インシュアランスなどのトレーディング形態を含んでいる。

 ヨーロッパと日本の当局は、専用の取引ツールと取引形態に対して、特許を認めた。

 ヨーロッパと日本の当局は、バイナリーオプションのプラットフォーム・プロバイダー大手に、特許を認める大きな動きを見せた。

 先週、ヨーロッパと日本は、バラエティーに富んだ、ユニークな取引ツールと形態について、申請されていた特許を認めた。欧州大陸と日本の当局は、同社が米国で最近承認された特許を追って認めた形になった。

 TradoLogicは、このように米国で大きな成功を収めた後に、ヨーロッパと日本で、その専用ツールと形態について、特許申請中の状態にあった。

 この革新的なツールと形態を作り上げるにあたって、TradoLogicは、他社による乱用を防ぐために、知的財産の保護に向かわざるを得なかった。そのために、同社は、商品のローンチ前に、特許申請を行っていた。この動きは、他の市場参加者が同社のユニークなツールと形態をコピーすることから同社を守る戦略の一環だった。

 トレーディングツールは、オプションのライフタイムの間にポジションや戦略を変更することを可能にする。(例:Mid-Trade)

エクステンド(ロールオーバー)
 特定のオプションの満期を延長することが出来る。

クローズ(テイクプロフィット或いはストップロスとして知られる)
 トレーダーが、「アウト・オブ・ザ・マネー」にあるオプションを、満期前に終了させ、損失を抑制することを可能にする。

ダブル
 トレーダーが、利益を得られる状態にあるオープンポジションや、予想が正しい場合に、満期時に2倍のペイアウトを受け取れるように、投資額を増額させることができる。

インシュアランス
 トレーダーは、一種の保険を購入することが出来る。例えば、特定のコントラクトが、「アウト・オブ・ザ・マネー」で償還を迎え、初期投資額の払い戻しを保証させたい場合だ。

 トレーディング形態は、トレーダーがポジションを保有する前に、投資戦略を構築する際に利用される。

オート・トレード
 トレーダーは、目標利益額を具体的に指定できる。この目標額達成されるまで、或いは、リスクキャピタルが使い切られるまで、同じ取引を執行し続けることが出来る。

トリプル・トレード(3倍)
 スプレッド・ベッティングの様に、トレーダーは、3つのポジションの相関度を利用し、潜在リターンを最大化するために、同時に3つ(又は、それ以上)の取引を執行することが出来る。

ペンディング・オーダー(又は、ノックイン)
 トレーダーが、事前に決めた価格条件に従って、注文が執行される。

 TradoLogicの特許は、取引ツール、及びクローズ、エクステンド、ダブル、インシュアランス、トリプル・トレードなどを含む、取引形態にかかわるものだ。

 TradoLogicは、5年前の2008年に特許申請をし、3年前の2010年5月の正式申請を経て、つい最近正式な特許取得となった。

 TradoLogicのマネジメントは、同社の特許を侵害している、バイナリー・プラットフォーム・プロバイダーに対して、どのような行動をとって行くか、現在、検討中だ。

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

latestreport_here

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.